小児歯科 Pediatric dentistry

 一生涯、健康な歯で暮らすためには、こどもの頃から歯を大切にしていくことが重要です。
 当医院では虫歯治療だけでなく、定期健診、予防指導を行い、お子さまの健やかな成長を支援していきます。

 しかし残念ながら、子ども達にとって歯医者はあまり行きたくないところ。怖がらずに治療を受けられるよう、ビデオを見ながら診療を受けられたり、おもちゃや絵本で自由に遊べるキッズルームを開設し、お子さまが楽しく通えるよう工夫しています。
 専門の知識と技術を持ったスタッフと設備で対応していますから安心です。

虫歯予防のための定期検診

歯磨き指導
 お子さまの成長、歯の状態に合わせたブラッシングの方法を指導いたします。
 お子さまご自身で充分な歯磨きができない場合、保護者の方へ仕上げみがきの方法をご指導いたします。歯と歯の隙間、歯の裏側、奥歯などは特に丁寧にみがいてあげましょう。

歯のクリーニング
 

フッ素塗布
 フッ素塗布とは、歯の表面からフッ素を取り込み、むし歯を予防することです。
 フッ素を含んだ歯は普通の歯よりも丈夫になり、虫歯になるのを防ぎます。また、初期症状のむし歯の再石灰化を促進させる効果があります。
 なお、フッ素は塗った途端に歯が強くなるわけではありません。定期に塗布する必要があります。

口腔内診査
 

虫歯を広げないように虫歯の治療

 乳歯は永久歯より小さくて柔らかいので虫歯になりやすいといえます。一度虫歯にかかってしまうと進行が速く、また永久歯よりも自覚症状が出にくいため、痛みを感じたときには歯髄炎を起こしていることもあるのです。
 おやつなどで糖分を口にすることが多い、自分ではまだ上手に歯みがきができないなど、むし歯にかかりやすい条件がそろっている小児では、早期発見、早期治療が大切です。
 当院ではお子さまの体力や、周りの歯への影響を考えながら、虫歯が広がらないように治療を進めてまいります。

正しい永久歯のために乳歯を抜歯

 乳歯がひどい虫歯の時、治療しても次に生えてくる永久歯に悪影響を及ぼす恐れがある場合には、乳歯を抜歯します。
 また永久歯が生えてきても乳歯が自然に抜けおちない場合、そのままにしておくと歯並びが悪くなるため、抜歯します。
 いずれの場合も次に生えてくる大切な永久歯のために必要な治療です。

治療したら予防のための歯磨き指導

 虫歯予防で一番肝心なのは家庭での歯磨き習慣です。
 当院では、正しい歯磨き習慣を身につけていただけるよう、お子様自身でのひとり磨き、保護者の方への仕上げ磨きの方法を指導いたします。
 お子さまの成長に合わせ、歯磨きのポイントも変わってきますので、定期的に指導を受け、大切な歯を守りましょう。