インプラント Implant

インプラント治療は、歯が抜けてしまった部位にインプラント(人工歯根)を埋めて歯槽骨(顎の骨)と結合させ、 その上から人工歯を被せる歯科治療です。 歯科医療における最先端技術で、インプラントはその優れた特徴から乳歯、 永久歯に次ぐ「第三の歯」と呼ばれています。

インプラントは天然歯と同じように“根”を持つ構造のため、天然歯と同じようにお食事を楽しんでいただけます。 また人工歯の色調や形などは天然歯と合わせることができるので、仕上がりもとても自然です。 機能性とともに審美性をも兼ね備えた治療です。 当院では世界中で最多の臨床実績を誇る、機能と審美性に優れた ブローネマルクインプラントシステムをご利用いただけます。

ざま駅前歯科ではインプラント治療を安心して受けていただくために、患者様との信頼関係を大切にしています。

治療の流れ

カウンセリング
まずは患者様が抱えるお悩みや不安などをヒアリングし、 インプラント治療の概要やメリット・デメリットを分かりやすくご説明いたします。 なお虫歯や歯周病が見られる場合には、並行して治療を進めていきます。
各種検査・治療計画
インプラントを埋入する歯槽骨(顎の骨)の量や質を診査します。 インプラントの埋入位置を精査する「ステント」の作成やレントゲン撮影、場合によりCT撮影を行います。 各種検査を基にして今後の治療計画を立てていきます。 検査によって得た資料をご覧いただき、疑問にお答えしながら分かりやすく治療詳細をご説明します。

カウンセリングの様子レントゲン撮影の様子
手術前治療
虫歯や歯周病が見られる場合やお口の衛生状態が悪い場合などは、 インプラントを埋入する前に治療やお口のクリーニングを行います。
インプラント埋入・インプラントの頭出し
インプラントを埋入します。麻酔を打ってからインプラントを埋入します。 手術後は骨とインプラントの結合を待つため治癒期間を設けます(上顎:0~6ヶ月、下顎:0~4ヶ月)。 また埋入の際には、恐怖心を取り除いたり痛みを軽減したりする静脈内鎮静法もご利用になれます。
インプラントの頭出しとは、インプラント上部をお口の中に露出することです。 インプラントの埋入時に行うこともあります。
型採り
人工歯の作製ための型採りを行います。 色調や形など、ご希望に合わせた人工歯を作製します。
人工歯装着
インプラントとの連結部分(アバットメント)および人工歯を装着します。 以上でインプラント治療は完了です。
メンテナンス
メンテナンスを行います。メンテナンスは、長期間インプラントを使用していく上でとても大切です。 メンテナンスの間隔はお口の状態に合わせて決めていきます。