親知らず Wisdom tooth

 親知らずとは、主に思春期ごろから、生えてくる一番奥の歯のことで、正しくは、智歯(ちし)または第3大臼歯(だいきゅうし)といいます。
 親知らずは20歳前後で生えてくる歯のため、平均寿命が40歳前後だった昔の人たちは、親知らずが生えてくる前に父親・母親が亡くなってしまってこの歯を見ることが出来ない、というのが名前の由来だと言われています。

 親知らずは個人差が大きく、1本も生えてこない人、上下左右1本づつ計4本全部ある人まで様々です。
 また、なんのトラブルもく一生涯を過ごされる方もいますが、どんなにしっかり歯磨きをしている人でも、痛くなったり腫れたりするすることが多く見られます。

親知らずが引き起こすトラブル

虫歯
 最も奥まったところに生えるために、歯磨きが不十分となりむし歯なりやすくなります。さらに、生え方が悪いと手前の歯との間に食べ物が残りやすく、手前の歯にもむし歯を作ります。

智歯周囲炎
 完全に生えず歯茎に半分埋まった状態が長く続くと、周囲の歯肉を刺激し続け、歯肉が痛んだり、腫れたりします。

歯並びに悪影響
 横向きや斜めに生える歯では、前方の歯を後方から押すために、前歯の歯並びを乱すことがあります。

治療法

 炎症が強い時にはまず抗生物質や消炎鎮痛剤を投与し炎症を抑えます。

 まっすぐに生えず、腫れたり痛くなったりした親知らずは、抜歯するのが最も確実な治療法になります。親知らずは一度抜けば、その後一生トラブルに悩まされる心配はなくなるからです。

 抜歯を少しでも先送りしたい場合、予防的ブラッシングのほかには、親知らず周囲の歯茎の修正や、歯と歯茎の隙間部分の洗浄などを行なうなどの対処法が一般的です。