歯を大切にする治療 出来る限り歯を削らない、抜かない治療

 いつまでも自分の歯でおししい食事ができるために、ざま駅前歯科ではできる限り歯を削らない、抜かない治療を行っております。

ミニマムインターベーション

 従来の治療では、「予防拡大」と言ってむし歯になった部分だけでなくむし歯の周りの虫歯になりやすい部分も削って詰めものをする治療がおこなわれてきました。しかし、歯を削りすぎると歯の寿命が短くなり将来入れ歯に頼ることになります。
 ミニマムインターベーションは、むし歯になった部分だけを削ることで大切な歯へのダメージを極力少なくする治療です。

コンポジットレジン

 むし歯の部分を削った後にコンポジットレジンという歯科用プラスチックを詰める方法です。
 コンポジットレジンは、削る範囲をむし歯の部分のみに限定でき、即日修復が可能です。光を当てると固まる歯の色をしたプラスティックですので審美性にも優れています。欠点としては、正確に詰めていく為、歯科医師に高い技術が要求されることと、長期的にみると材料の劣化が起こる可能性があるということです。