歯科用CTスキャナー CT scanner

当医院では、精密検査機器として歯科専用のCTスキャナー Finecube (ファイキューブ)を使用しています。

歯科用CTスキャナーは、従来の診断機器とは全く異なる撮影方法により、お口全体の立体画像が撮影できます。
歯の中や骨の中まで立体的に見る事ができるので、正確な診査・診断を行う事ができます。
CT撮影の様子CT撮影画面の例

CTスキャナーなんでもQ&A

Q:​CTスキャナーってなんですか?

CTスキャナーとは「コンピューター断層撮影装置」のことです。
通常のレントゲン写真が2次元のみの撮影に対し、3次元(水平・垂直・奥行)で撮影できるため、お口の状態を立体的に表示する事ができ、より正確な診査・診断が可能になります。

Q:どのような診断ができるのですか?

歯の形の診断

歯の根の形や数、曲り具合、方向や長さを立体的にとらえることができ、根の治療において役立ちます。

歯周病の診断

歯周病の患者様の歯を支える骨がどれくらい無くなっているかを立体画像で診断し、治療計画・治療方針を立てるのに役立ちます。
また、治療によりどのくらい回復したのかを患者様ご自身に確認していただける事もできます。

インプラントの診断

インプラント治療において、あごの骨に埋めるインプラントを立体的にとらえて治療計画を立てる事ができます。
インプラントの数、長さ、太さをあらゆる方向から診断し、神経などを避けて安全な位置、方向、埋める深さを正確に決める事ができます。

あごに埋まっている歯の診断

あごの中に埋まっている歯を三次元の立体映像で、あらゆる方向から確認できます。
親知らずを抜歯する際の診断に役立ちます。

歯の生えてくる方向の診断

歯が生えてくる状況について、その位置・方向や完成具合に異常がないか三次元映像で確認できます。
矯正治療において、特に歯の根の移動状況や支える骨の具合を立体的に診断して治療の安全性を高めることができます。

あごの骨の診断

あごの骨も立体的に撮影することができます。
顎関節症などの診断に役立ちます。