歯間ブラシの活用について🌻

こんにちは🌴歯科衛生士のSです。今回は歯間ブラシに関してお教えします🍀😀

歯と歯の間には歯ブラシの毛先が届きにくいためプラーク(歯垢)が残りやすく、むし歯や歯周病が発生しやすい部位です。歯ブラシと併せて歯間ブラシを使うと9割近くのプラークを取り除くことができると言われています。

 

当院で使用しているライオンDENT.EX歯間ブラシ⬇︎

全部で7サイズあります。歯間部のサイズに合ったものを選びましょう🐷🌸

《使い方》

1.鏡を見ながら歯間ブラシを歯間部に挿入する

2.歯間ブラシを水平にして、2〜3回往復させて清掃する

3.隣り合っている歯の面に軽く当てて清掃する

※使用後の歯間ブラシは流水で汚れを落とし、風通しの良いところで保管しましょう🐥🌼

 

⚠注意⚠

*スッと抵抗がなく挿入できるサイズ選びをしましょう。

*歯肉に炎症がある部位は出血しやすくなっています。

*強引に動かすと歯や歯肉を傷つける恐れがあるので注意しましょう。

 

効率良く綺麗にお手入れをするためにも毎日のケアに歯間ブラシを取り入れましょう🐰🏁

2019年9月
< 8月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 

SMILE

ページの先頭へ戻る